• クルマは、
    もしものときの
    電源になる。

    災害が増える今、防災をもっと身近にしたい。
    だから、いつものクルマを、もしもの備えに。
    クルマが電源になれば、突然の停電で、
    日常生活がストップするリスクも少なくできます。
    さらに、クルマとおうちを接続すれば、在宅避難も可能に。
    災害は、なくせない。でも備えることはできる。
    いつものクルマで備える安心、広がっています。

WHAT'S

クルマ給電で変わる、もしもの暮らし

  • 約4.5日*1、電気が使える。
    突然の停電でも、日常を奪われない。

    消費電力が400W*1なら約4.5日分の電力供給が可能。長時間停電が少ない日本*2では、大きな安心になります。

  • プリウス、プリウスPHVの場合400Wで約4.5日*1

  • 停電中でも、灯りも食事も情報も。
    1500W使える*7

    停電時に、灯りはもちろん、食事・情報を同時に得ることも可能。さらに暑さや寒さもしのげます*7
    クルマが、家族みんなの停電時の生活を支えます。

  • 同時に合計1500W以下の電気製品が利用可能*7

  • PHV、HV、FCVからも給電可能。
    給電対応車種、増えています。

    災害が多発する時代、大切な給電機能。
    だからこそ、コンパクト、セダン、SUVなど様々なクルマで、もしもの災害に備えることが可能です。

  • クルマと家をつないで停電時でも電気
    を使える家に。

    クルマde給電*8

    新築でもリフォームでも外観を大きく損なわず、災害時にご自宅での安全が確保できる場合には、ストレスの少ない在宅避難も可能になります。

    ※クルマde給電はトヨタホーム㈱の商品です

    クルマde給電について

      クルマから
      家全体に
      まるごと給電

      V2H‐充放電器

      クルマを蓄電池代わりに使用するための設備です。“クルマへの充電”と“クルマから建物への給電”の両方ができるようになります。

      ※V2HとはVehicle to Home の略です
      ※V2H-充放電器はデンソーの商品です

      V2H-充放電器について

  • さらに、移動する電源として
    アウトドアがもっと楽しくなる。

    使い方は、非常時だけにとどまりません。
    山・川・海など、あらゆる場所でクルマが電源になるのでレジャーの楽しみ方がグンと広がります。

    AC外部給電システム(ヴィークルパワーコネクター) *9を利用

*1. プリウス、プリウスPHVが外部供給できる電力量(満充電・ガソリン満タン時):約40kWh(=約40,000Wh)。一般家庭が日常使用する電力量:1日あたり10kWh (家庭での1時間あたりの消費電力400W)として試算した場合。

*2. 1軒当たりの年間停電時間約55分(2011-2018年の平均値) 電気事業連合会の資料を基に算出。

*3. スマートフォン1台をフル充電するために必要な電力量:10W×1h=10Wh。プリウス、プリウスPHVが満充電・ガソリン満タン時に外部給電できる電力量:約40kWh(=約40,000Wh)。フル充電できるスマートフォン台数:40,000Wh/10Wh=約4,000台で計算。

*4. LED電球1個を1時間点灯させるために必要な電力量:6.9W×1h=6.9Wh。プリウス、プリウスPHVが満充電・ガソリン満タン時に外部給電できる電力量:約40kWh(=約40,000Wh)。LED電球を点灯できる時間:40,000Wh/6.9Wh=5,797時間(約5,700時間)で計算。

*5. 電気ストーブを1時間使用するために必要な電力量:750W×1h=750Wh。プリウス、プリウスPHVが満充電・ガソリン満タン時に外部給電できる電力量:約40kWh(=約40,000Wh)。電気ストーブを使用できる時間:40,000Wh/750Wh=53時間(約50時間)で計算。

*6. IH炊飯器を1時間使用するために必要な電力量:1,200W×1h=1,200Wh。プリウス、プリウスPHVが満充電・ガソリン満タン時に外部給電できる電力量:約40kWh(=約40,000Wh)。炊飯器を使用できる時間:40,000Wh/1,200Wh=33時間(約30時間)で計算。

*7. ■消費電力の合計が1500W以下の電気製品をご使用ください。ただし、電気製品によっては消費電力の合計が1500W以下の場合でも正常に作動しない場合があります。 ■電気製品の消費電力と起動電力をご確認ください。起動時に、消費電力の1.1~8倍の起動電力を必要とする電気製品があります。消費電力の合計が1500W以下であっても、起動電力により合計が1500Wを超えることで給電が停止することがあります。(※消費電力一覧をご覧ください。) ■使用する電気製品の取扱書の注意事項に従ってご使用ください。防水仕様の電気製品を除き、雨や水のかかる場所、湿気の多い場所では電気製品を使用しないでください。アース線のある電気製品を使用するときは、アース線をアース端子に接続してください。 ■車両の状態によっては、一時的に給電が停止することがあるため、医療機器などは使用しないでください。 ■電気製品の使用可能な周波数と車両の電源周波数を合わせてご使用ください。<非常時の電源としてご使用される場合> ■駆動用電池の残量減少などにより、自動でエンジンが作動する場合があります。地面が固く平ら、かつ換気の良い場所でご使用ください。一部地域では、駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、条例に触れるおそれがあります。関係する自治体に確認した上で、適切にご使用ください。

*8. [クルマde給電]
「クルマde給電」はトヨタホーム㈱の非常時給電システム。住まい側に設置して、停電時にクルマ(※対応車種はLINE UPをご覧ください。)と住まいを外部電源接続用ケーブルでつなぐことにより、冷蔵庫や照明など、生活に必要な電気製品へクルマから電力供給できるシステムです。
給電機能をお使いいただく際は、必ず各車両の取扱説明書をご確認ください。また電子レンジやポットなど、消費電力の大きな機器を使用する際は、他の機器と同時に使用することは避けてください。また、1500W以下でも電気製品によっては正常に作動しない場合があります。
一部地域では駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、条例に触れる恐れがありますのでご注意ください。
また給電中はエンジンが作動する場合があります。給排気設備のない車庫内などの換気の悪い場所や囲まれた場所(雪が積もった場所)などでは、酸素欠乏のおそれや、排気ガスが充満したり滞留したりするおそれがありますので、換気の良い場所に駐車してご使用ください。

*9. [電源コード/配線]
■コードリールを使う場合、コードが発熱する可能性がありますので、コードはリールからすべて引き出してご使用ください。 ■車内のアクセサリーコンセントに、使用する意図のない電気製品が接続されていないことを確認してください。AC外部給電を開始したときに、車内のアクセサリーコンセントにも電源供給されることにより、それらの電気製品が作動するおそれがあります。 ■ヴィークルパワーコネクターの端子部および、普通充電インレットの端子部が濡れないようにしてください。 ■ヴィークルパワーコネクターの車外コンセントに水や液体・雪がかからないようにしてください。 ■ヴィークルパワーコネクターと普通充電インレットは、変換アダプターや延長コードなどを使用せず、必ず直接接続してください。 ■車外コンセントに電源プラグを接続した後は、防水カバーを確実にロックがかかるまで閉じてください。防水カバーがロックできないような大きな電源プラグは使用しないでください。 ■ヴィークルパワーコネクターの上に重量物を置いたり、物を引っかけたりしないでください。

[使用する電気製品の消費電力]
■合計消費電力は1500W以下でご使用ください。1500Wを超えると保護機能が作動し、給電機能が停止します。また、電気製品の消費電力と起動電力をご確認下さい。起動時に、消費電力の1.1~8倍の起動電力を必要とする電気製品があります。消費電力の合計が1500W以下であっても、起動電力により合計が1500Wを超えることで給電が停止することがあります。(※消費電力一覧をご覧ください。) ■消費電力が大きな電気製品(ホットプレートなど)の中には、コンセントを単独で使うことを必須としているものがあります。その場合、他の電気製品と併用しないでください。

[使用する電気製品の作動周波数]
■工場出荷時の電源設定周波数は車両によって異なります。車両の取扱説明書を確認し、電気製品の使用可能な周波数と車両の電源周波数が異なる場合は、販売店にご相談ください。

[車両の安全確保]
■HV給電モードではエンジンが作動することがあるため、次のことをお守りください。 ●使用中は車両から離れないでください。 ●誤って手を入れないようにボンネットは閉めてください。 ●地面が固く平らな場所に駐車し、できれば輪止めを設置してください。 ●必要に応じて、ドアやヴィークルパワーコネクターを施錠してください。 ■落雷の可能性がある天候の時はAC外部給電システムを使用しないでください。使用中、雷に気づいたときには使用を停止してください。 ■一部地域では駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、条例に触れるおそれがありますのでご注意ください。

[換気]
■HV給電モードではエンジンが作動することがあります。給排気設備のない車庫内などの換気の悪い場所や囲まれた場所(雪が積もった場所)などでは、酸素欠乏のおそれや、排気ガスが充満したり滞留したりするおそれがありますので、使用しないでください。

[外気温が高いとき]
■炎天下など、車内が高温になる状態で使用すると、給電機能が停止することがあります。その場合は、車両を日陰等に移動したり、エアコンを使用するなどして室内温度を下げてください。

[外気温が低いとき]
■特に外気温が低いときは、給電機能が作動できないことがあります。その場合は、車両を走行させるなどし、車両を暖めると使用できる可能性があります。

[エアコンの使用に関する警告]
■AC外部給電システムの使用中は、お子様や介護を必要とする方、ペットを車内に残さないでください。エアコンを使用していても、システムの自動停止等により室内が高温、または低温になる場合があり、熱中症・脱水症状・低体温症になり、重大な障害に及ぶか最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

REFERENCE

家庭の備えは、まず3日分。
ライフラインの復旧には時間がかかります。

災害発生から3日間は人命救助が最優先。
ライフラインの復旧・支援物資や道路の補修などはその後になります。
だから家庭ではまず3日分、自分たちのくらしを維持する備えが必要です。

災害後の電力復旧にかかった日数*1

*1 出典:経済産業省「平成28年熊本震災への対応と災害対応体制の構築に向けた取組(PDF)」

HOW TO

CASE STUDY

役立っています、「クルマ救電」

  • CASE 01

    台風15号被災地へ燃料電池車やハイブリッドカーを派遣

    2019年9月、台風15号の被災地支援でHV20台、PHV28台、MIRAI23台、SORA1台を派遣。地方自治体・現地ボランティア・支援団体と協力し避難所や一般家庭での電力供給に使用されました。

  • CASE 02

    西日本豪雨被災地で外部給電機能を活用し、かき氷を提供

    2018年7月西日本豪雨被災地でプリウスPHVの外部給電機能でかき氷を作り、被災地の方々にかき氷を提供しました。

  • CASE 03

    北海道胆振東部地震被災地で携帯充電サービスを実施

    2018年9月北海道胆振東部地震被災地でMIRAI電源による携帯充電サービスを約2,000人の方々に提供しました。

  • CASE 04

    避難所の灯りや炊き出しの電源に

    愛知県内の中学校で行われた防災キャンプでは、非常時の電源としてプリウスPHVが使用されました。プリウスPHVの電力を使って、避難所である体育館に非常用LED電灯を灯し、炊き出しの際の電源としても、活用できる性能が確かめられました。

  • CASE 05

    宮城県の防災訓練にてPHVパトカーで信号機を復旧

    東日本大震災の直後、宮城県県内では信号機の停電によって交通網が混乱しました。宮城県警は2013年、プリウスPHVのパトカーから給電して信号機を点灯させる防災訓練を実施し、パトカー到着から30秒で信号を復旧させることができました。

  • CASE 06

    宮古市でプリウスPHVを災害時の非常用電源に

    東日本大震災で甚大な被害を受けた宮古市。被災後一番困ったことの1つに、エネルギー源の確保がありました。そこで官民一体となりプリウスPHVのカーシェアリング事業を開始。普段は市民生活や観光客の足として、災害時には非常用電源として活用していきます。

  • CASE 07

    災害時にはタクシーから電気をプレゼント

    扇タクシーは「災害時に電気をプレゼントします」というコンセプトのもと、車体にリボンや充電コネクターを描いたプリウスPHVが神戸市民に親しまれています。阪神・淡路大震災に被災した際、電気に不自由した経験から、災害時にはプリウスPHVの外部給電により行政や医療機関へエネルギーを供給する協力も視野に入れています。

  • CASE 08

    救護用エアーテント設営時の電源として活用

    トヨタ自動車の最先端技術開発拠点の一つである東富士研究所で行われた防災訓練でプリウスPHVが非常用電源として使用されました。社内向け救護所立ち上げの際に、プリウスPHVの電力で電動ブロアーを稼働させ、エアーテントが設営されました。

  • CASE 09

    災害時の夜間照明に

    トヨタ自動車の生産設備開発を担う貞宝工場では、夜間の災害時停電を想定した防災訓練の際、照明用電源としてエスティマハイブリッドの電力が使用されました。従業員向け食堂が帰宅困難者向けの残留場所として設営され、照明が確保されました。

  • CASE 10

    工業団地における災害対策本部の緊急電源に

    トヨタ自動車ならびにトヨタ関連会社、工業団地内企業等によるスマートコミュニティ事業「F-グリッド構想」のもと非常時地域送電システムを運営する宮城県大衡村の工業団地では、照明、通信機器などの緊急電源としてプリウスPHVの電力が使用されます。

  • CASE 11

    災害時に暖をとる暖房器具の電源として活用

    ケミカルグリーンコンセプトと称し、地域住民にとって住みやすい環境づくりに取り組んでいる日華化学では、プリウスPHVを社有車として導入。地域や行政の代表者向けに同車の説明及び電源供給実演会が実施されました。CO2削減等に配慮すると共に、災害時には、照明を始め暖房器具などの電源として地域住民に提供されます。

LINE UP

そろっています、
「クルマ救電」対応車

  • カローラスポーツ

  • ヤリス

  • アルファード

  • ヴェルファイア

  • エスクァイア

  • ノア

  • シエンタ

  • クラウン

  • カムリ

  • プリウス

  • プリウスPHV

  • MIRAI

  • カローラ

  • カローラツーリング

  • RAV4

  • RAV4 PHV

  • ハリアー

  • C-HR

  • ヤリスクロス

  • Shop Information

    店舗情報

Corolla Akita Social Media


© 2021 Copyright TOYOTA COROLLA AKITA CO.,LTD All rights Reserved.
Scroll Up