こんどのアクアは、とびっきり新しい!
たのしさも、うれしさも、あんしんも、わくわくも。
いろんな魅力がギュッとつまっていろんな人に魅力的。
この新しい時代によりそって、
生まれ変わったコンパクトカー
「新・アクア」デビュー!

01


EXTERIOR


外観

02


EVOLUTION


進化

スイッチを押すだけで駐車操作をアシスト

  • トヨタ チームメイト*1

    [アドバンスト パーク(パノラミックビューモニター<シースルービュー機能>付)]

    [全車にメーカーオプション]

    駐車したいスペースの横に停車後、アドバンスト パークスイッチを押して駐車位置*2を確認。その後、開始スイッチを押すと、カメラとソナーによって周囲を監視しながら、ステアリング・シフト・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車操作をアシストして駐車を完了させます。

    *1. “トヨタ チームメイト”は、将来の自動運転へとつながる新たな先進技術の総称です。 *2. 駐車スペースが複数ある場合は変更可能。■アドバンスト パークは、あくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。 ■アドバンスト パークは、駐車環境や周辺状況によっては使用できない場合があります。詳しくは販売店でご確認ください。 ■字光式ナンバープレートは装着できません。

  • ■写真は作動イメージです。

検知対象を車両周囲まで拡げて駐車シーンの被害軽減をサポート

  • パーキングサポートブレーキ
    (周囲静止物)

    パーキングサポートブレーキ(前後方静止物}[Z、Gに標準装備。X、Bにメーカーオプション]

    パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)[全車にメーカーオプション]

    アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムです。アドバンスト パーク装着車では、静止物の検知対象を前後進行方向のみならず、側方を加えた車両周囲にまで拡大。アドバンスト パークのアシスト中だけでなく、出庫や後退中のような駐車シーンにおいても周囲を監視しながら静止物の接近を表示とブザーで知らせ、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキをかけます。

  • [作動イメージ]

※パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)には、パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)の検知エリアを含みます。 ■パーキングサポートブレーキは自動(被害軽減)ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱書をご覧ください。 ■安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。 ■ソナーの検知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。 ■運転者自身でパーキングサポートブレーキの自動(被害軽減)ブレーキ制御を試すことはおやめください。 ■パーキングサポートブレーキの自動(被害軽減) ブレーキが作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま前進・後退できます。また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで前進・後退できます。

車線変更時&降車時の危険をお知らせ

  • ブラインドスポットモニター
    (停車時警報機能付)

    [ Z、G、Xにメーカーオプション]

    車線変更時の後方確認をアシストするブラインドスポットモニターに、停車時警報機能を設定。車両を停めて降車する際、開けたドアに対して後方からの接近車両(自転車も含む)が衝突する可能性が高いと判断した場合、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターの点滅とブザー*3によって注意を喚起します。

*3.停車時警報機能はイグニッションOFF状態でクルマから降りる際は作動しません。 ■検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。 ■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。 ■ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。

もしもの備えにアクアを。給電システムを全車標準装備。

  • アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付)

    コンセント(AC100V・1500W)を、コンソールボックス背面に設置。AC100Vで最大消費電力の合計が1500W以下の電気製品を使用できます。災害などによる非常時に電力が必要なとき給電ができます。

  • ドアと窓を閉めたまま電源コードを出して給電。

    外部給電アタッチメント

    野外でも安心して給電できるよう、ドアと窓を閉めたまま電源コードが出せる外部給電アタッチメントを設定。雨天時の車内への水の侵入を防ぎ、防犯にも貢献します。

コンセントを安全にお使いただく上での注意事項

●AC100Vで消費電力の合計が1500W以下の電気製品を使用してください。規定容量を超える電気製品を使用すると、保護機能が働き、給電機能が停止することがあります。 ●複数の電気製品に給電する場合、電気製品によっては正常に作動しない可能性があります。 その場合は、単独で電気製品を使用してください。 ●使用する電気製品によっては、大きな電流が流れ、瞬間電力が1500W を超えるときがあります。 この場合、保護機能が働き、給電機能が停止することがあります。

■正しく作動しないおそれがある電気製品

次のようなAC100Vの電気製品は、消費電力の合計が1500W以下でも正常に作動しないおそれがあります。 ●起動時の電力が大きい電気製品 ●取扱説明書などに記載されている消費電力よりも大きな供給電力を必要とする電気製品 ●精密なデータ処理をする計測機器 ●きわめて安定した電力供給を必要とする電気製品 ●タイマー設定する機器など、コンセントの出力が連続して必要な電気製品 ●アイドリングストップ条例について 駆動用電池の残量減少などにより、自動でエンジンが始動し、充電を行います。一部の自治体では、駐車または停車中にエンジンを始動した場合、条例にふれる可能性があります。アクセサリーコンセント、非常時給電システムの使用については関係する自治体に確認した上で、適切に使用してください。

■接続する電気製品について

●使用する電気製品に付属の取扱説明書や、製品に記載されている注意事項を必ずお守りください。 ●車両の状態によっては、一時的に給電機能が停止することがあるため、医療機器は使用しないでください。 ●工場出荷時、車両側の電源周波数は、50Hzに設定されています。コンセントと電源周波数が異なる電気製品を使用しないでください。誤作動や故障などの原因になるおそれがあります。電気製品によっては、電源周波数の切りかえ(50/60Hz)機能があるので、車両と電気製品の電源周波数を同じにしてください。車両側の電源周波数切りかえが必要な場合は、トヨタ販売店にご相談ください。 ●コンセントは、照明器具などの電気製品と直接接続して使用するものです。家屋などへ電気を供給する発電機として使用しないでください。また、家屋などに設置されている非常時の給電システム(外部電源と接続ができる専用設備、外部電源からの供給回路が電力会社からの電気配線と分離されている設備など)に使用する場合は、当該システムの製造業者または販売業者にご相談ください。 ●駆動用電池の残量減少により、自動的にガソリンエンジンが作動します。 車庫内など換気が悪い場所や囲まれた場所(雪が積もった場所)などでは、酸素欠乏や排気ガスの充満、滞留を防ぐため、給排気を可能とする関連装置などを適切に設置して、使用してください。設置できない場合は使用しないでください。 ●暖房器具などの電気製品を使用して車中に泊まる際は、十分注意してください 給電システムの自動停止などにより、電気製品が意図せず停止するおそれがあります。

03


COLOR


カラーバリエーション

  • クリアベージュメタリック
    〈4Y3〉*1

  • アーバンカーキ
    〈6X3〉*1

  • ブラスゴールドメタリック
    〈5C2〉*1

  • ダークブルーマイカメタリック
    〈8W7〉*1

  • エモーショナルレッドⅡ
    〈3U5〉*1 *2

  • プラチナホワイトパールマイカ
    〈089〉*1 *2

  • ブラックマイカ
    〈209〉*1

  • シルバーメタリック
    〈1F7〉*1

  • スーパーホワイトⅡ
    〈040〉*3

*1. 写真はZ(2WD)。 *2. プラチナホワイトパールマイカ〈089〉はメーカーオプション<33,000円(消費税抜き30,000円)>となります。エモーショナルレッドⅡ〈3U5〉はメーカーオプション<55,000円(消費税抜き50,000円)>となります。 *3. 写真はB(2WD)。 ■車両本体価格は消費税10%込み<’21年7月現在のもの>です。 ■価格はタイヤパンク応急修理キット付の価格です。 ■価格にはオプション価格、取付費は含まれていません。 ■保険料、税金(除く消費税)、登録料などの諸費用は別途申し受けます。 ■自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要となります。 ■ボディカラーおよび内装色は撮影、印刷インキの関係で実際の色とは異なって見えることがあります。また、実車においてもご覧になる環境(屋内外、光の角度等)により、ボディカラーの見え方は異なります。■本仕様ならびに装備は予告なく変更することがあります。このページの内容は’21年7月現在のものです。

04


PRICE


価格

グレード 車両本体価格(税込)
Z 2WD 2,400,000
E-Four 2,598,000
G 2WD 2,230,000
E-Four 2,428,000
X 2WD 2,090,000
E-Four 2,288,000
B 2WD 1,980,000
E-Four 2,178,000

残価設定型プラン

※上記はあくまでも計算例であり、実際の契約内容によっては異なることがあります。詳しくはスタッフまで!

  • Shop Information

    店舗情報

Corolla Akita Social Media


© 2021 Copyright TOYOTA COROLLA AKITA CO.,LTD All rights Reserved.
Scroll Up